ワキガ対策について考える

ワキガ対策についていろいろな意見をまとめました。

ワキガの方のワキガ対策

私は遺伝的にワキガ体質です。そのため若い頃からその臭いには随分悩まされてきました。そんな私の対策は大きくわけて3つあります。
一つ目はワキガ専用のデオドラントクリームを毎朝(気になる時には日中も)適量塗布することです。脇汗防止にもつながりますし、一番大切にしている習慣です。二つ目はデリケートゾーン専用の石鹸”ジャムウソープ”を体を洗う際に使用することです。普通のボディーソープよりも防臭効果が高く、継続して使用することによりワキガ臭が軽減されていたように思います。三つ目は防臭効果の高い下着を着ることです。ワキガの臭いが衣類につくと臭いが倍増しますので、臭いを防ぐ下着を一番下に着用することを習慣としています。
これらの対策により、臭いの不安が払拭できるようになりましたし、日常生活にも支障なく快適に過ごせるようになりました。

私は精神性発汗型多汗でどんなに寒い日であっても少し緊張したりすると異常なほど汗が出てしまいますので、冬場でもワキの匂いに悩まされていました。そこで私が行った対策は市販の制汗スプレーを使用することでした。制汗スプレーには消臭効果があるものもありますので、それを使用することである程度匂いを抑えることが出来ました。会社のデスクにも制汗スプレーを常備していて打ち合わせなどの前には必ずトイレで使用しており、今となっては手放せないものになっています。学生の頃からワキガで悩んでいましたが、今思えばもっと早く制汗スプレーを試していればよかったと思っています。

軽度のワキガです。父親がワキガなので遺伝だと思います。昔はスプレータイプの制汗剤を使っていましたがいまいち効き目がありませんでした。そこでロールオンタイプの制汗剤を使うようにしたら、嫌な臭いが見事に消えたのです。おすすめはデオナチュレソフトストーンという商品です。このデオナチュレソフトストーンはミョウバンが原料になった制汗剤で、ドラッグストアで簡単に手に入ります。大きさの割になかなか量がへらないのでコストパフォーマンスもいいです。夏だけでなく冬にも塗るようにしており、もう年中手放せないアイテムです。

毎日ではないのですが、45歳に入ってからストレスの溜まっている時や、仕事が普段とは異なる緊張感がMaxの時に嫌な汗を掻いている様でワキガが気になります。そこで、最近は化粧ポーチの中にいつもウエットティッシュを忍ばせています。こうしておくとトイレに行った時に、こっそり脇の下をウエットティッシュて拭いておけば清潔にします。こうするともし直前にワキガが臭っていたとしても、臭わなくなり安心して過ごせます。それでも、なかなかトイレに立てない会議のような長時間ワキガを心配したくない時には、ワキガ対策グッズの制汗剤で肌に塗るタイプの物を利用しています。これなら朝着替える時に脇に塗っておくと、帰宅するまでワキガを気にしなくて済むから安心できました。また、楽しみにしていたお出かけでは1日ワキガを気にせずにいられるので、やっぱり精神状態を安定して過ごす事がワキガ対策にはいいのかもしれません。

 

ワキガに対する意見

職場にわきがの人がいました。その人が通るだけで何となく臭いがしたり、風上に立っているだけで臭いが漂ってくるということもありました。本人は意外に気にしていない様子で制汗剤などのスプレーをすることもなく普通に過ごしていました。しかし、本人にはなかなか面と向かって注意することも出来ずに周りは困っているといった感じです。汗をかいたらこまめに拭くとかもっと気を使ってほしい感じがした。体臭は本人以外にはなかなか受け入れがたいにおいでもあります。まわりがアッと思わない様にお手入れは必要不可欠ではないでしょうか。ほったらかしだと少し不潔なイメージがあります。

ワキガというのは独特の臭い匂いがするのが特徴だと感じます。私の周りにも何人かワキガの人がいますが、全員一緒の匂いで、近くにいるとすぐに分かります。またその匂いは、その人がその場から立ち去っても数分程残ります。冬場などの寒い季節は、比較的に臭う事も少ない気がしますが、汗をかく夏場になれば顕著に表れます。男前や美人でもワキガの人がいますが、ワキガというだけでモテてなかったりします。知人が実践していて特に効果的だったのは、夏場はこまめに制汗スプレーを脇にふるという方法です。これで相当臭いを軽減できるはずです。手術等をしなくても、こまめにケアしてうまく付き合っていけばどうにかなるものかなというイメージです。

 

クリアネオ最安値通販サイトがこれ